Magic Onlineの今後について

更新日 News on 9月 7, 2017

By Chris Kiritz

ウィザーズ・オブ・ザ・コーストが持つ「Magic Digital Studio」の一員として、Magic Online担当者である私たちとしても新たな家族となる『Magic: The Gathering Arena』を大いに歓迎しています。ジェフリー・スティーフェル/Jeffrey Steefelの記事では、『Magic: The Gathering Arena』の展望と皆さんがこのゲームに携わるための方法をお伝えしました。こちらの記事ではMagic Onlineにおける私たちの取り組みをお話しし、今後の展望と目標をお伝えします。

Magic Onlineにおける今後の展望は、引き続きマジックのさまざまなプレイ体験を広く皆さんにお届けすることです。『Magic: The Gathering Arena』は、マジックの「最新セット」を用いたプレイ体験に注目して作られています。Magic Onlineでは今後も、マジック:ザ・ギャザリングの奥深さや歴史が育んできたさまざまなフォーマットや遊び方をプレイヤーの皆さんに広くご提供していきます。

『Magic: The Gathering Arena』についての記事で、私たちが取り組んでいる目標をジェフェリーが見事に表現してくれました。私もそれにならってMagic Onlineの目標をお伝えしましょう。

ひとつは、可能な限り多くのマジックの遊び方をプレイヤーの皆さんにお届けすること。 マジックというゲームの奥深さは後世に語り継がれるほどであり、さまざまなフォーマットを含め信じられないほど多くの遊び方があります。Magic Onlineはマジックの多彩な遊び方を豊富に備えており、今後もできる限り多くの遊び方を実装していく予定です。現時点で、構築戦を好むプレイヤーの皆さんには、スタンダードからモダン、レガシー、ヴィンテージ、Pauper、1対1の統率者戦、何でもありのFreeform、そしてモミール・ベーシックをお楽しみいただけます。リミテッド・ファンの皆さんには、定期的に行われるフラッシュバック・ドラフトやキューブ・ドラフトなどもご用意しています。それからリーグ形式で行われるイベントも豊富で、皆さんのスケジュールに合わせてお楽しみいただけます。また「Throwback Constructed」や「Battle of the Planes」のように一風変わったイベントも開催しています。今後も面白い遊び方をご提供し続けることが、Magic Onlineにおける私たちの目標なのです。

ふたつ目の目標は、競技志向の高いプレイヤーも低いプレイヤーもサポートすること。 オンラインで一緒に遊びたい友人同士が集まり和やかに統率者戦を楽しむことから、次回のプロツアーに向けたプロ・レベルの練習まで、Magic Onlineはあらゆるマジック・プレイヤーにとっての居場所でありたいと願っています。「Open play」では、好きなデッキを好きなときに使ってカジュアルにゲームを楽しむことができます。リーグではプレイヤーの皆さんがそれぞれのペースで賞品獲得を目指して戦うことができ、「Weekend Challenge」ではさまざまなフォーマットで「大会」を楽しめます。そしてプロツアー予選や「Magic Online Championship」では、マジック最高峰の舞台で戦う栄誉をかけて優れたプレイヤーたちが競い合います。どのプレイ・モードも、Magic Onlineならではの体験を生み出すために欠かせないものなのです。

そして3つ目は、Magic Onlineでの体験を可能な限り良いものにするために進化を続けること。 サービス開始から15年にわたり、Magic Onlineは成長と改善を続けてきました――しかしまだ終わりではありません。今年はMagic Onlineでの最新セットのリリースを早めたり、総合的な品質をこれまで以上に高めたりといった取り組みを行い、その結果、同時接続数と週間プレイヤー数において過去最高値を更新することができました。また他にもトレード機能をよりシンプルにしたり、統率者戦に調整を加えたり(機能面での改善とフォーマットの追加)、回線不良による通信切断からの復帰力を高めたりと、さまざまな改善を行ってきました。最近のアップデートでは、プレイヤーたちがMagic Onlineのクライアントから離れることなく各イベントの賞品を確認できるようになりました。これは最も多くの要望を集めた機能のひとつであり(私個人としても長年にわたり実現したいものでした)、それをお届けすることができたのです。

私たちは今後も、Magic Onlineのパフォーマンス改善のため縁の下で支え続けます。現在はMagic Onlineのメンテナンス・プロセスとそこからの復旧プロセスの分離に取り組んでいます。これを実現することでより細かくメンテナンスを行うことができるようになり、最終的には毎晩メンテナンスができることを目指しています。来年はメンテナンスの時間を最小限に抑えたいと考えており、そのために多くのシステムをメンテナンス・プロセスから切り離すことに取り組んでいるのです。また、Magic Onlineプレイヤーの体験をより洗練させることにも取り組み続けており、特に「Play Lobby」や「Collection」の改善は優先順位を高く設定しています。Magic Onlineにおける私たちの目標は、最新セットのリリースを通してマジックが持つ素晴らしい魅力を余すところなくプレイヤーの皆さんへお届けし、そして同時に、キューブ・ドラフトやフラッシュバック・ドラフト、「Throwback Constructed 」のような特別な体験を生み出し続けることです。

2017年は、Magic Onlineにとって素晴らしい1年になっています。この後は(9月25日の)『イクサラン』と(11月の)『アイコニックマスターズ』のリリースで今年を締めくくり、また2018年に向けてフルスロットルで進んでいきます。いつものように、ご意見ご質問等ございましたらmagiconlinefeedback@wizards.comへ(英語で)メールを送っていただくか、@MagicOnlineの公式TwitterアカウントやMagic Online公式Tumblrまでご連絡ください。@ckiritzのTwitterアカウントを探し、私に直接声を届けていただくのも大歓迎です。

それでは皆さん、「Have fun and happy gaming」!

――クリス・キリツ/Chris Kiritz

Magic Onlineシニア・プロダクト・マネージャー

最新News記事

NEWS

新たなDailyMTG by, Blake Rasmussen

信じられないことに、私がDailyMTGの編集長となってまだ3年半しか経っていません。私は読み手として、またカバレージ・ライターとして多くの時間をこのウェブサイトで過ごしてきました。それらに加えて毎日更新のウェブサイトを運営してきた歳月が重なり、ずいぶん歳をとったように感じているのです(編集者として72年目くらいの気分です)。DailyMTGとは、本当に長い間付き合ってき...

記事を読む

NEWS

新たな旗のもとで by, Matt Cavotta

偉大な戦士や冒険家、探検家は、戦場や到達した地に自身を象徴する旗を立て、その存在を示します。堂々とはためくその旗は、ときに見るものへ畏敬の念を抱かせ、ときに恐怖の感情を与えます。それから、ジェスカイの龍眼やラクドスの道化の仮面のように、シンボル・マークとはその旗のもとにある土地や要塞、英雄などの真髄を表現しています。 マジックは長い歴史を経て、「旗」――つまりブランド...

記事を読む

記事

記事

News Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more