訓練されたオーグ・アグロ(フリーフォーム)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 8日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 マジックのデベロッパー、ブライアン・ホーリー/Bryan Hawleyがマジックを手に取ったのは、1999年のことでした。幼いブライアンはお手伝いで得たおこづかいを貯め、母親と一緒に近くのショッピング・モールにあるゲームとパズルの店へ出かけました。そこで彼は、毎週のようにブースター・パックやトーナメント・デッキを買い求めるようになったのです。

 彼が最初に購入したマジックの製品は、『STARTER 1999 2-Player Gift Box』というものでした。中にはデッキふたつとルールブック、それからマジックの遊び方を紹介するVHSのテープが入っています。ブライアンと彼の母親はこの製品でマジックの遊び方を学び、キッチン・テーブルでたっぷりとマジックを楽しみました。そして、ブライアンは親友のクリス/Chrisとアレク/Alecにもマジックの遊び方を教えました。やがて、毎週パックを買ってデッキを強化するのは、彼らの習慣になりました。

 ブライアンの「デッキ」は、彼の持つカードのほとんどを詰め込んだ5色の怪物でした。それでも彼は泣く泣く、たった100枚までデッキの枚数を削らなくてはいけませんでした。なぜなら、スリーブが100枚しかなかったからです。やがて、彼のデッキは今回ご紹介するジャンド・アグロ・デッキに落ち着きました。デッキを構成する主なカードは、やはり『STARTER 1999』に入っていたものです。ブライアンはこのお気に入りのデッキを使い続け、そして『時のらせん』ブロックの頃に競技マジックの世界に入りました。その後彼は何度かプロツアー予選を突破し、最後はウィザーズ社開発部でデベロッパーの職に就いたのです。

 ブライアンが愛した40枚の「訓練されたオーグ・アグロ」デッキをご覧ください。マジックのルールでは構築デッキの枚数は60枚以上と定められていますが、当時の初心者向け製品では40枚デッキが推奨されていました。ブライアンはこの最初のデッキのカード1枚1枚を今でも持っています。それらは彼の職場の机に積まれ、またプレイされる時を待っているのです。

Bryan Hawley -「訓練されたオーグ・アグロ」

フリーフォーム
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る