罰するアブザン(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 12月 3日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

「レガシー最強の1枚はどれか」と、レガシー・プレイヤーたちに尋ねれば、多くの人が《渦まく知識》を挙げることでしょう。《渦まく知識》は非常に多くの機能を持ち、レガシーの多くのデッキがそのカード・パワーを活かせるように構築されています。マジックは、「適切なタイミングで適切なカードを引くゲーム」と言っても過言ではなく、《渦まく知識》はその実現に大いに役立ちます。カードを3枚引き、そのときは必要でないカード2枚を戻したのちに「フェッチ・ランド」などを用いてライブラリーをシャッフルする。これが、レガシーというフォーマットで最高の動きのひとつなのです。

 本日ご紹介するデッキは、最強カードの一角である《渦まく知識》を活用するデッキではなく、むしろそれを咎めるデッキです。先週末に行われた「SCG Legacy Open」にて、トム・キーティング/Tom Keatingは自身が《渦まく知識》を使わないだけでなく、対戦相手の使用も許さず優勝を果たし、レガシーが《渦まく知識》をめぐる戦いだけではないことを証明したのでした。

 トムのデッキは、1ターン目か2ターン目に《虚空の杯》をX=1で設置することを狙った、4色のミッドレンジ・デッキです。《虚空の杯》は対戦相手の動きを封じ込める可能性を秘めたカードであり、とりわけ《渦まく知識》や《思案》、そして《稲妻》を完備したデッキに効果抜群です。ひとたび《虚空の杯》が戦場に出れば、あとは《ヴェールのリリアナ》や《突然の衰微》を駆使しながら《壌土からの生命》で《不毛の大地》や「フェッチ・ランド」を手札に戻し、ゲームを完全に掌握できるでしょう。

「罰するアブザン」という名前の由来は、中心となるのはアブザンの3色でありながら《罰する火》と《燃え柳の木立ち》の強力なコンボのために赤をタッチしているところにあります。このコンボはあらゆるクリーチャー・デッキをぴたりと止め、同時に極めて長期的な勝ち手段にもなるのです。

 また、この「罰するアブザン」は《聖遺の騎士》という勝ち手段も擁しています。《壌土からの生命》と《ヴェールのリリアナ》で序盤を戦うこのデッキでは、《聖遺の騎士》が登場する頃には極めて大きなサイズを実現しているのです。《ヴェールのリリアナ》がいとも簡単に対戦相手の除去呪文を無力化するため、相手の手札が空になるまで待ってから《聖遺の騎士》を繰り出すだけでもいいでしょう。無人の戦場に立つ《聖遺の騎士》は、あっという間にゲームを決めてくれますよ。

Tom Keating - 「罰するアブザン」

レガシー
Download Arena Decklist
Planeswalker (3)
3 Liliana of the Veil
ソーサリー (4)
2 Green Sun's Zenith 2 Life from the Loam
インスタント (7)
4 Abrupt Decay 3 Punishing Fire
アーティファクト (8)
4 Chalice of the Void 4 Mox Diamond
エンチャント (2)
2 Sylvan Library
60 カード

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る