2001 Grand Prix Sendai Coverage

更新日 Event Coverage on 2015年 11月 16日

By Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage

相次ぐ新星の誕生

10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。
2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。

細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的なことをいくつか挙げてみると...

・ABU が誰も結果を残せなかった。(Hegstad 、Benafel 、Borteh)
・GP Las Vegas デッキ(ないしその派生類型)が結果を残した。言い換えれば、純然たるオールドタイプは勝ち残っていない。
・先週末とは裏腹に、それでも Zombie エンジンデッキ、Illusion-Donate デッキが結果を残した。
・特定のデッキビルダーの手によるデッキが快進撃を果たした。

といったあたりだろうか。

特に、浅原晃(八王子式青黒 Zombie)と平林和哉(Meta Illusion-Donate)という両デッキビルダーの活躍は記しておきたいと思う。

まず、浅原晃。
彼はこれまであまり露出は多くなかった「八王子組」のブレーン的存在だ。Pro Tour 大阪の権利をすでに獲得しているものだけで湯浅謙太郎、中島主税というちょっとは知られた面々が名を連ねており、このエクステンデッドフォーマットにおいては精通している集団といえるかもしれない。そして、今大会では浅原本人を含む 3 名がスイス式最終戦までトップ 8 の可能性があるラインに踏みとどまれたという(ちょっとした)快挙を成し遂げており、やはり浅原の功績が大である。《冬の宝珠/Winter Orb》・《対立/Opposition》システムをも内包したこの青黒《ゾンビの横行/Zombie Infestation》デッキは古豪 Mike Long をして「今大会最高のデッキにして最大のサプライズ」と唸らせたものだった。
新星荒堀和明の快挙は、つまりは集団「八王子組」のプレイテストの成功を意味するのだ。

そして、おなじみの平林和哉。
彼が調整を重ねてメインボードに《変異種/Morphling》2 枚というバランスにたどり着いた「Meta Illusion-Donate」の使用者からは実に彼自身を含めた 3 名ものプレイヤー(阿部、村上、平林)をトップ 8 に導かれているのである。

(惜しくも準々決勝で敗退となったものの)上位陣の中ではもっとも評価の高かった「Wild Zombie」デッキを練り上げた石田格、平林、浅原の 3 名には今大会でのデッキにいたるまでのデヴェッロップの過程を Sideboard Online 上にて語っていただき予定なので、ぜひともご参考いただきたい。

ともあれ、Finals が楽しみになった。

-森慶太

Top 8 Final Standing

 1.  Kazuaki Arahori (Japan)$2,400
 2.  Kazuya Hirabayashi (Japan)$1,700
 3.  Mike Long (USA)$1,200
 4.  Yuki Murakami (Japan)$1,000
 5.  Itaru Ishida (Japan)$800
 6.  Kazufumi Abe (Japan)$800
 7.  Djinn Okamoto (Japan)$800
 8.  Katsuhiro Mori (Japan)$800

(Click here for complete final standings)

準々決勝   準決勝   決勝   チャンピオン
1 Itaru Ishida   Yuki Murakami, 2-0        
8 Yuki Murakami   Kazuya Hirabayashi, 2-1
       
4 Kazufumi Abe   Kazuya Hirabayashi, 2-1   Kazuaki Arahori
5 Kazuya Hirabayashi    
       
2 Kazuaki Arahori   Kazuaki Arahori, 2-0
7 Katsuhiro Mori   Kazuaki Arahori, 2-1
       
3 Mike Long   Mike Long, 2-0
6 Djinn Okamoto    

Quick Interview (archive)

今大会最もキツかった対戦は ?

Michael Long: 初日最終戦、初日全勝したヤツだろうな。でもまあ、アラホリの優勝で決まりだろ(Long は決勝を見届けずに撤収) 荒堀和明: 平林さん。さすがに最終戦ダブルマリガンの瞬間は覚悟しました。 平林和哉: 荒堀君。予選決勝とも勝てなかったなあ。

English-Language Coverage

写真記事: 日時別 / 項目別

インフォメーション観戦記事
ペアリング結果スタンディング

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

Featured

2015年 9月 2日

Grandprix 神戸 Preview by, 林智加良

当時では世界最大規模のグランプリとなった京都のゆうに倍の参加人数を誇る今回の GP 神戸。今回のレギュレーションであるインベイジョンブロック構築(以下、IBC)について少しばかり解説していこうと思います。 一番最初に行われた IBC のトーナメントと言うと、話はプロツアー東京までさかのぼります。この時にメタゲームの中心と考えられていたのが「ステロイド」と「Void」でし...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more