Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 28日

By Kenji Matsui

昨日から通して 4 回目のロチェスターが終了し、ラウンド 10 を迎えるプレイヤー達。数あるプレイヤー達の中から、第 4 ドラフトで 1st Pod にいた彼ら、 Soh と小室の対決をお送りしたいと思う。

小室 修

この Sohという若者が実力のあるプレイヤーであることを、皆さんはご存知だろうか。昨年度の世界選手権でベスト 8 に入り、 MO (Magic Online)でも高レーティングを誇る彼はマレーシアの英雄であり、しかも現在高校生と言う前途有望株なのである。

そんな Soh に対峙するのは小室 修だ。2003グランプリ横浜(OLS限定構築)を制覇し、 数々のプロツアーに出場した実力派である。

今回のドラフトでは、 Soh が白青の《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》、《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》搭載のデッキで、小室は黒緑タッチ青の、こちらにも《曇り鏡のメロク》と豪華な布陣となっている。

だが、これは別の記事でも取り扱っているが、第 3 ドラフトの 1st pod はなかなかの荒れ模様であったらしく、唯一まとまったデッキを組めたのが黒田一人。他の面々のデッキも悪くない仕上がりにはなっているのだが、如何せん他の卓とは異質な雰囲気が漂っていた。

さて、試合が始まり、 1 本目は Soh が《兜蛾/Kabuto Moth》、《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》、《百爪の神/Hundred-Talon Kami》と一気に展開し、小室は除去を引けずに《曇り鏡のメロク》を出して耐えるが、やがてジリ貧になって Soh が 1 本目を先取。

2 本目では、先手を取った小室が《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》経由で 3 ターン目に《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》を出して攻めかかると、 Sho は《兜蛾/Kabuto Moth》を 2 枚連打でキャストしては、いきなり小室劣勢かと言ったところで Soh は《兜蛾》で攻撃を開始。

そこをさっくり小室、《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で 2 体とも Soh の《兜蛾》を墓地へ叩き込み、勝負は 3 本目へともつれ込む。

Game 3

3 本目。

先手の Soh が《呪師の弟子/Jushi Apprentice》、《兜蛾/Kabuto Moth》、《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》と展開。強固な守りを築くが、《呪師の弟子》の能力を起動しても土地が 3 枚以上に増えず、手札が貯まって行く。 

対する小室側は 2 ターン目の《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》経由でまたも《聖鐘の僧団》の登場とあいなるのだが、なかなか攻撃させてもらえないでいる。

とはいえ、ただ眺めているだけでいる訳ではなく、《飢えたるもの、卑堕硫/He Who Hungers》を出し、能力を使用して、マナの関係で出すことが叶わなかった Soh の《義理に縛られし者、長雄》や《不退転の意志/Indomitable Will》を捨て去り、《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》セットで追い討ちをかける。

ひどく慎重にゲームをプレイする小室が印象的だ。

Terry Soh

兎に角、《飢えたるもの、卑堕硫》の能力を転生つきのスピリット・クリーチャーを交えて安全確認しつつ、 Soh の手札が 0 になった所で《忌まわしい笑い》で場を一掃。

手札もクリーチャーも失った Soh 。

そこへ勝負をつけるべく小室が動き、環境最強カードの一つである《曇り鏡のメロク》を放って攻撃を始める。ここで Soh は右手を差し出して小室の勝利を称えた。

Final Results : Soh 1 - 2 小室

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る