アラーラのプレインズウォーカー

更新日 Feature on 2008年 9月 23日

By Wizards of the Coast

アラーラのプレインズウォーカー

プレインズウォーカーと呼ばれる、多元宇宙の次元を渡ることのできる数少ない選ばれた者達は、アラーラに秘められた力を見てきていた。現在そこに居を構えるのは四人、そのうち二人はアラーラの断片で生まれ、最近になってプレインズウォーカーの灯に火が入ったばかりの者達だ。


アジャニ その名をアジャニというナカティルのレオニンはナヤの断片の生まれだ。彼は生まれついての白子であったために除け者扱いであったが、彼の兄であるジャザルが王族の長であったため、群れにはなんとか受け入れられていた。しかし、暗殺されたジャザルの死体を見つけたとき、彼の中で眠っていたプレインズウォーカーの灯に火がついた。アラーラの世界は彼にとっては新たなものだったが、いずれにせよ彼には、心の中に渦巻く復讐の炎を叩きつける相手を見つける必要があるのだ。


テゼレット プレインズウォーカーになる前は、テゼレットはエスパーの前途有望な工匠であり魔道士だった。ヴェクティスの都市で生まれたテゼレットは、エーテリウムを生み出す秘密を知っていると言われる秘密主義の団体、カルモット求道団の名を知った。テゼレットは求道団の仲間となり、謎めいたエーテリウム古書を一目見ようとしたが、この企みはほとんど命がけになった。彼は生きてエスパーから逃げ出すのがやっとだった。


サルカン・ヴォル 衝動、憤怒、制圧......これらは全ての生命を動かす原動力だ ― 少なくとも、プレインズウォーカーのサルカン・ヴォルにとっては。生命の獰猛さの究極の象徴としてドラゴンを進行するサルカンは、彼のプレインズウォーカーとしての力を使って多元宇宙のドラゴンを追求している。最近になって、彼はドラゴンが支配する世界、ジャンドを発見した。そこでなら、彼は最強の捕食者を見つけることができるだろうと信じているのだ。


エルズペス・ティレル 彼女の仲間は気づいていないだろうが、エルズペスという名の騎士はバントの生まれではない。実際は、彼女はバントを第二の故郷と決めたプレインズウォーカーなのだ。エルズペスの生まれた次元は暗く過酷な場所だった。彼女は十代の若さでプレインズウォーカーとなり、さらに良い世界を求め、故郷を離れ多元宇宙へと旅立ったのだ。彼女の願いは、バントのさらに向こう側にうごめく邪悪から、彼女の新たな故郷を守ることだけだ。

最新Feature記事

FEATURE

2020年 4月 14日

『イコリア:巨獣の棲処』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

巨獣の激突に備えている人なんているかい?! 『イコリア:巨獣の棲処』は、怪物(とそれらを手なづける「眷者」)のセットだ。このセットは怪獣映画や太古の物語からビデオゲームまで、あらゆる怪物から着想を得ている。大好きな怪物がいるなら、それをもとにしたカードがきっと収録されているだろう! 『イコリア:巨獣の棲処』の雰囲気を味わいたいなら、こちらのトレーラー映像を観てくれ。 ...

記事を読む

FEATURE

2020年 4月 2日

『イコリア:巨獣の棲処』のメカニズム by, Matt Tabak

最新セット『イコリア:巨獣の棲処』では、皆さんのような冒険好きなプレインズウォーカーも思わず息を呑むような、他にはない光景が広がる「イコリア」次元を訪れます。巨大なクリスタルの地層や底の知れない洞窟、そびえ立つ高峰など、雄大な自然が皆さんを待ち受けているでしょう。ですが今回のセット名は『イコリア:厄介な観光客の棲処』などではありません。この世界は「巨獣の棲処」なのです。あ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る