激怒する世界

更新日 Feature on 2009年 12月 21日

By Wizards of the Coast

激怒する世界

多くの勇敢な探検家たちは、ゼンディカーの古代の遺跡の宝物を求めている。しかし、この荒々しい世界の中で生き残れるのは、最も強い者たちだけだ。多元宇宙の他の次元と同様に、地にはマナが脈打ち、魔道士たちはそれを使って呪文の力を得る。しかしゼンディカーでは、マナは強大な呪文のような状況を生み出しているのだ。ゼンディカーは数々のプレインズウォーカーにとって、強力なマナをつなぎとめた場所であり、目的の地である。

ゼンディカーに生まれた者たちは、この手の危険にはもう慣れっこだ。乱動は地勢全体に渡り、地形の激変、重力の以上、頻繁な大災害等、広く爪あとを残している。石つぶてが大地から放たれ、あるいは重さなど無いかのように空中に浮かび、そして不意に地面に叩きつけられる。整った平原に、何の警告もなしに巨大な地割れが口を開く。高潮が一瞬で目の前に現れ、森を覆いつくし、地形は日を追うごとにどんどん変わっていく。

危険な状況というのは、いわば人生の一部だ。しかし現在、ゼンディカーには不吉な変化が現れていると言わざるを得ない。世界の不安定さが度を増してきているのだ。乱動は絶え間なく渦を巻き、世界の多くの場所を住むに耐えない場所に変え、不気味な遺跡を地下から掘り起こしていた。冒険者たちの口の端には、奇妙な出来事や説明できない事態が上った。入植地がいくつも丸ごと地図から消えたりもした。森の生き物たちも奇妙な活動を見せ、羚羊の群れも住み慣れた塩床から逃げ出した。鳥も地表を離れ、上空多角に浮かぶ面晶体に巣を作った。

頑丈で意志の強いほとんどの住人たちはじっと身を潜め、生き延びるために必要なことを行っている。しかし、魔道士や神秘家の中には、古の遺跡が何らかの形でこれらに関わり、あるいはこの騒乱を生み出していると疑っているものもいる。数少ない魔道士の中には、この極端な状況の中にパターンを見つけ、これが来るべき何かの前触れであると考えるものもいた。

最新Feature記事

FEATURE

2020年 1月 10日

テーロス還魂記 物語概要 by, Wizards of the Coast

エルズペスは死んだ。 だが始まりは、その数世紀以前に遡らねばならない。テーロスの神々が力を得る以前、タイタンたちが――肉体を持つ、恐るべき原初の力が――定命の領域を彷徨い、行く先全てに死と破壊を振り撒いていた。自らを守る力を持たない定命の存在は、その難局においてひたすらに祈りを捧げた。この祈りから、姿形をとった信心から、神々が生まれ出た。 定命の信念という途方もない力...

記事を読む

FEATURE

2019年 12月 12日

『テーロス還魂記』のメカニズム by, Matt Tabak

ついに様々なおとぎ話が大団円を迎え、私たちの冒険はまた次の世界へ旅立ちます。次は皆さんもご存知の、計り知れぬ神々の監視の下にある美しい夜空の世界です。さあ皆さん、シートベルトをお締めください。再びテーロスに向かいますよ。早速、私たちを待っている新規メカニズムと再録メカニズムを見ていきましょう。 脱出 これまで、定命の者が住まう世界と死の国の間には極めて強力な障壁があり...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more