激怒する世界

更新日 Feature on 2009年 12月 21日

By Wizards of the Coast

激怒する世界

多くの勇敢な探検家たちは、ゼンディカーの古代の遺跡の宝物を求めている。しかし、この荒々しい世界の中で生き残れるのは、最も強い者たちだけだ。多元宇宙の他の次元と同様に、地にはマナが脈打ち、魔道士たちはそれを使って呪文の力を得る。しかしゼンディカーでは、マナは強大な呪文のような状況を生み出しているのだ。ゼンディカーは数々のプレインズウォーカーにとって、強力なマナをつなぎとめた場所であり、目的の地である。

ゼンディカーに生まれた者たちは、この手の危険にはもう慣れっこだ。乱動は地勢全体に渡り、地形の激変、重力の以上、頻繁な大災害等、広く爪あとを残している。石つぶてが大地から放たれ、あるいは重さなど無いかのように空中に浮かび、そして不意に地面に叩きつけられる。整った平原に、何の警告もなしに巨大な地割れが口を開く。高潮が一瞬で目の前に現れ、森を覆いつくし、地形は日を追うごとにどんどん変わっていく。

危険な状況というのは、いわば人生の一部だ。しかし現在、ゼンディカーには不吉な変化が現れていると言わざるを得ない。世界の不安定さが度を増してきているのだ。乱動は絶え間なく渦を巻き、世界の多くの場所を住むに耐えない場所に変え、不気味な遺跡を地下から掘り起こしていた。冒険者たちの口の端には、奇妙な出来事や説明できない事態が上った。入植地がいくつも丸ごと地図から消えたりもした。森の生き物たちも奇妙な活動を見せ、羚羊の群れも住み慣れた塩床から逃げ出した。鳥も地表を離れ、上空多角に浮かぶ面晶体に巣を作った。

頑丈で意志の強いほとんどの住人たちはじっと身を潜め、生き延びるために必要なことを行っている。しかし、魔道士や神秘家の中には、古の遺跡が何らかの形でこれらに関わり、あるいはこの騒乱を生み出していると疑っているものもいる。数少ない魔道士の中には、この極端な状況の中にパターンを見つけ、これが来るべき何かの前触れであると考えるものもいた。

最新Feature記事

FEATURE

2019年 4月 23日

『灯争大戦』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

プレインズウォーカー。どっちを見てもプレインズウォーカーが! 『灯争大戦』は、まさに唯一無二のセットだ。マジックの物語に注目してきた人たちにとって、今回はひとつの節目になる――今このとき、この場所で、すべてが収束するのだ。狡猾なるドラゴン、ニコル・ボーラスが入念に組んできた計略の数々が、このセットで最終局面を迎える。 掘り下げられる部分はたくさんあり、セット全体がフレ...

記事を読む

FEATURE

2019年 3月 31日

『灯争大戦』のメカニズム by, Matt Tabak

プレインズウォーカーの皆さん、あまり良くないお知らせです。これまで、ニコル・ボーラスの脅威は侮られがちでした。なにせ彼は、デタラメにどこかの世界に現れ、デタラメに何かをしているだけに見えましたから。死した崇拝者たちの軍勢?なんとかの太陽?次元橋?ですが物語はついに終局を迎えます――『灯争大戦』が間もなく勃発するのです。この戦いはラヴニカに収まらない終わりをもたらすものにな...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more