第7回戦:斎藤 友晴(東京) vs. 是友 佑治(兵庫)

更新日 Event Coverage on 2013年 8月 23日

By Tetsuya Yabuki

斎藤 友晴(赤単) vs. 是友 佑治(ジャンドミッドレンジ)

 第7回戦。

 このラウンドでは1敗のプレイヤー同士の対戦の中から、斎藤友晴(東京)と是友佑治(兵庫)の対戦をお届けしよう。

 3月に行われたグランプリ・横浜を主催した『CARDSHOP晴れる屋』のオーナーでもある斎藤は、休止していたプレイヤーライフに復活してから精力的に大会参加を行っている。そして今回のグランプリでは、プロツアー予選など使用し成績の良かった赤単を持ち込み、ここまで1敗の好成績を残している。

 一方、是友は兵庫の『黒猫亭』というお店で普段からマジックをしているというプレイヤー。斎藤という強豪を撃破し、二日目進出に王手をかけることができるのだろうか。

ゲーム1

是友 佑治

 ダイスロールで19を出した斎藤だったが、20を出した是友が先攻を選択。ところが是友はマリガンを、片や斎藤は7枚でのキープとなった。

 6枚でスタートした是友は《踏み鳴らされる地》《血の墓所》とタップインを続けたのだが、そこに斎藤が《ラクドスの哄笑者》を2連続で「解鎖」するという展開でゲームがスタートした。

 《漁る軟泥》をブロッカーとして出した是友だったが、斎藤が《灼熱の槍》でそれを除去すると、是友のライフは残り14。その《灼熱の槍》が最後だと願って、是友は《オリヴィア・ヴォルダーレン》を戦場に送り出す。

オリヴィア・ヴォルダーレン

 これに対し斎藤は《チャンドラのフェニックス》をプレイして《ラクドスの哄笑者》2体と共に攻撃。さすがにすべてをスルーするわけにはいかず、是友は《火柱》を恐れつつも《オリヴィア・ヴォルダーレン》で《ラクドスの哄笑者》をブロック宣言。しかし斎藤の手札から《火柱》が出てくることはなく、無事にアンタップを迎えた。

 すると、是友は《忌むべき者のかがり火》をドローし奇跡でプレイ。盤面を一掃したところで《変わり谷》を警戒し《オリヴィア・ヴォルダーレン》を立たせてエンドした。斎藤が土地を置くだけでエンドしたことを受け、次のターンには《スラーグ牙》をプレイし《オリヴィア・ヴォルダーレン》で攻撃を開始する。

忌むべき者のかがり火

 続くターンで《雷口のヘルカイト》を引いた斎藤は、ひとまず攻撃を行うものの、《オリヴィア・ヴォルダーレン》がブロッカーとして立ちはだかるとエンドすることしかできず、次のターンにはコントロールを奪われてライフを削りきられてしまった。

斎藤 0-1 是友

「槍を使ってしまいましたねー」

 サイドボード中に、斎藤は一言こう漏らした。

 《オリヴィア・ヴォルダーレン》への備えを使ってしまったところがキーポイントだったのだろう。

ゲーム2

 先攻の斎藤は《変わり谷》からプレイをし、2ターン目に攻撃をしライフを削りにかかる。是友が2マナ立ててエンドすると、斎藤も除去を警戒し《変わり谷》で攻撃をせずにエンドで返した。それならと是友は《漁る軟泥》をプレイし盤面を作りにいくのだが、これは《灼熱の槍》ですぐに対処されてしまう。

 続く4ターン目に、斎藤は《燃え立つ大地》を戦場に送り込む。ジャンドにとっては悪夢のカードだ。

燃え立つ大地

「やばい」

 《燃え立つ大地》を見てこう漏らした是友だったが、ドローをすると《ゴルガリの魔除け》。1点のダメージで事無きを得る。

 ところが、斎藤は2枚めの《燃え立つ大地》をプレイすると、次のターンには《ラクドスの哄笑者》を解鎖。是友にプレッシャーを掛けていく。土地からダメージを受けながら《突然の衰微》で《ラクドスの哄笑者》を除去する是友。さらには《スラーグ牙》を出すものの、斎藤に《頭蓋割り》を合わせられて残りライフが10となってしまう。

 プレイした《ボロスの反攻者》には、すぐに是友の《破滅の刃》が打ち込まれるものの、斎藤はさらなる《ボロスの反攻者》を送り出しプレッシャーを途切れさせない。

斎藤 友晴

 是友はここで《ゴルガリの魔除け》をトップデッキ。まず《ゴルガリの魔除け》で《燃え立つ大地》を破壊すると、攻撃にきた《ボロスの反攻者》を《化膿》で対処。新たな《スラーグ牙》を着地させると、《ケッシグの狼の地》で一気にゲームを終わらせるプランが成立することとなった。

 だが、斎藤は《灼熱の槍》で《スラーグ牙》を一体除去すると、自分のターンで《ミジウムの迫撃砲》を「超過」でプレイ。是友の盤面をビーストトークン1体だけにする。

 しかし、完全に是友の攻撃が止まったわけではない。ビースト・トークンで攻撃を行うと《ケッシグの狼の地》で全力でパンプ。これだと3ターンで斎藤のライフが0になる算段だ。

 もちろん斎藤にも2ターンの猶予がある。期待を込めて山札からドローをすると《雷口のヘルカイト》。《変わり谷》とともに攻撃をすると、是友のライフは残り8。斎藤にも速攻持ちクリーチャーか火力を引けば次のターンに逆転できる道が残った。

 ところが是友がその斎藤をはるかに上回った。希望を打ち砕く《忌むべき者のかがり火》が是友にもたらされ、奇跡で8点。ビーストの攻撃が3点で、斎藤のライフをちょうど0にしたのだった。

斎藤 0-2 是友

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る