グランプリ広島

更新日 Feature on 2006年 6月 7日

By Wizards of the Coast

English Fact Sheet
グランプリ広島トライアル日程

マジック:ザ・ギャザリングのグランプリ・トーナメント・シリーズは、プロツアーへの招待権と多額の賞金が獲得できる、国際的で大規模な予選大会です。

トーナメント・フォーマットおよびスケジュール

グランプリ広島のフォーマットは、ラヴニカブロック・シールド(ラヴニカ:ギルドの都トーナメントパック、ギルドパクトブースターパック、ディセンションブースターパック各1パックを使用)です。2日目のフォーマットは、コールドスナップブースタードラウト(コルドスナップブースター3パックを使用)です。全てのDCI限定戦のルールおよびマジックのフロアルールは有効です。最新版のトーナメントルールは、トーナメントルールにてご覧になれます。

  • 8月18日(金):受付は16:00から20:00まで行われます。(当日受付に間に合わない参加者は、19日朝8:30〜9:00までにも受付ができます。その場合、参加費が¥500増となります。)
  • 8月19日(土):トーナメントは9:00から開始されます。大会1日目終了時点の上位64名のプレイヤーは2日目に進出します。(参加者が800以上の場合、上位128名のプレイヤーは2日目に進出します。)
  • 8月20日:トーナメントは9:00から開始されます。上位8名のプレイヤーが決勝戦に進出し、グランプリ広島のチャンピオンを決定します。

会場

広島産業展示館 東展示館
広島市南区比治山本町 12-18
http://www.hiwave.or.jp/hikos/kaikan/kaikantop.htm

アクセス

  • 広島市電南区役所駅より徒歩3分
  • JR広島駅より車10分

参加費

¥3,500(19日朝の当日受付では、参加費は¥4000となります。)

トーナメント詳細

グアンプリ広島本戦は、マジックのプレイヤーであれば誰でも参加できます。受付は上記のとおり会場にて行われます。(事前登録は必要ありません。)

  • トーナメント進行
    グランプリ広島は、参加人数で定められる50分のスイス式の回戦で行われます。参加人数が799人以下の場合、1日目の終了時点の上位64名のプレイヤーが大会の2日目に進出します。参加人数が800人を超える場合、上位128名のプレイヤーが2日目に進出します。2日目の終了時点での上位16名のプレイヤーがプロツアー神戸(10月22−22日開催予定)の参加権利を獲得します。(グランプリでプロツアーの参加権利を獲得したプレイヤーは該当するプロツアーの参加権を既に所有していても、権利の繰り下がりはありません。)
  • ヘッドジャッジ
    グランプリ広島のヘッドジャッジは、後日発表されます。グランプリ広島でジャッジとして務めたい場合、6月19日までロン・フォスター(ron.foster @ wizards.com)までご連絡ください。
  • トーナメント・プライズ
    グランプリ広島に参加されるすべてのプレイヤーは、グランプリ開催中に開催される8人大会に参加する際使える¥200の割引券をもらいます。
    グランプリ広島では、グランプリ本戦の賞金制度とともに「アマチュア・プレイヤー」に対する賞金制度が設けられています。アマチュアー・プレイヤーを対象としたこの賞金制度は、グランプリ本戦の賞金とは別に該当者の最終順位に応じて賞与されます。

    グランプリ本戦賞金表
    最終順位賞金
    1位$2,400
    2位$1,700
    3位$1,200
    4位$1,000
    5〜8位$800
    9〜16位$500
    17〜32位$250
    総額: $17,500
    アマチュア・プレイヤー賞金表
    最終順位賞金
    1位$1,500
    2位$1,000
    3〜4位$700
    5〜8位$400
    9〜16位$250
    総額: $7,500
  • アマチュアー資格
    生涯、プロポイント1点も所有していないプレイヤーはアマチュア・プレイヤーと見なされます。グランプリ、プロツアー、または世界選手権において一度でもプロポイントを獲得したことのあるプレーヤーはアマチュア級とは見なされず、アマチュア選手権及びジュニア・スーパー・シリーズ大会に参加することはできない他、グランプリその他の大会でのアマチュア・プレーヤー向けの賞の対象外となります。
  • トーナメント・バイ(不戦勝)ひとつのトーナメントで与えられたバイを他のオーナメントに適用することはできません。
    グランプリ広島のバイは、下記の条件に基づいて与えられます。
    3ラウンドバイ
    • プロクラブのレベルが3以上のプレイヤー。
    • グランプリ広島トライアル大会の優勝者。
    • 限定レーティングが2000以上のプレイヤー。バイは繰り下がりしません。レーティングによるバイの計算は、2006年4月19日付のDCIレーティングに基づきます。
    2ラウンドバイ
    • プロクラブのレベルが2のプレイヤー。
    • 限定レーティングが1900以上のプレイヤー。バイは繰り下がりしません。レーティングによるバイの計算は、2006年4月19日付のDCIレーティングに基づきます。
    1ラウンドバイ
    • プロクラブのレベルが1のプレイヤー。
    • 限定レーティングが1800以上のプレイヤー。バイは繰り下がりしません。レーティングによるバイの計算は、2006年4月19日付のDCIレーティングに基づきます。

    詳細について、グランプリ広島のバイリストを参照ください。

併催イベント

各イベントとも参加に定員はありませんが、会場の混雑状況により参加をお断りする場合があります。なお、イベント内容は予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。

  • グランプリ広島トライアル大会
  • プロツアー神戸予選大会
  • グランプリ山形トライアル大会
  • 広島オープンスタンダード大会
  • U−18大会
  • 当日受付8人大会
  • アーティストサイン会

グランプリ広島トライアル大会
2006年4月7日(金)
受付:12:00〜14:30
参加費:¥3000
フォーマット:ラヴニカブロックシールド3人チームスタンダード
32名受付ごとに大会を随時開催し、各大会の全勝プレイヤーにはグランプリ広島の3ラウンドバイが与えられます。
グランプリが開催される前、日本全国でトライアルトーナメントが開催される予定です。すべてのトライアルでは、最低ひとつの3ラウンドバイが与えられます。詳細については、グランプリ広島トライアルの案内を参照ください。

プロツアー神戸予選大会
日付:8月20日(日)
参加費:¥3500
フォーマット:ラヴニカブロックシールド+コールドスナップブースタードラフト
受付:8月819(土)、17:00〜グランプリ最終戦終了まで
プライズ:予選の優勝者には、10月神戸で開催されるプロツアーへの参加権利および往復の切符が与えられます。その他、上位入賞者に副賞としてブースターパックが賞与さられます。

グランプリ山形トライアルトーナメント
日付:8月20日(日)
参加費:¥3000
フォーマット:ラヴニカブロックシールド+コールドスナップブースタードラフト
受付:8月20日(日)、9:00〜9:30
プライズ:優勝者には、11月開催予定のグランプリ山形での3ラウンドバイが与えられます。副賞として上位入賞にはブースターパックが賞与されます。

広島オープンスタンダードトーナメント
日付:8月20日(日)
参加費:¥1000
フォーマット:スタンダード
受付:8月20日(日)、10:30〜11:00
プライズ:広島の特産品をはじめ多数の景品が用意されます。

U−18トーナメント
日付:8月20日(日)
参加費:¥200
フォーマット:スタンダード
受付:8月20日(日)、11:30〜12:00 注:U−18トーナメントは、高校生以下限定のトーナメントです。
プライズ:参加者全員に限定の《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》の特製プレミアカードが与えられます。優勝者には、限定の《陶片のフェニックス/Shard Phoenix》の特製プレミアカードが与えられます。上位入賞者には、ブースターパックなどが副賞として賞与されます。

当日受付8人トーナメント

  • 構築戦:¥500
  • ブースタードラフト:¥1300
  • シールドデッキ:¥2000

アーティストサイン会

Brian Snoddy(ブライアン=スノッディー)

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る